三鬼大権現のうち、「時眉鬼神」

鬼とは、人を喰い、悪魔のうに交換条件で願望を成就させたりする。では、完全悪である悪魔に分類されるかと言ったらそうでもないようで、それがまた神々の世界の複雑な部分らしい。
子を愛す愛情深さもある。

また本地仏と言って、神の正体とされる仏があって
鬼神にも本地仏があり、 時耳鬼神の本地仏は虚空蔵菩薩である。

役小角の鬼さんたち、赤鬼(あかいの)と、青鬼(あおいの)のイメージを描き込みました。

過去と未来と現在。めぐりめぐって今どこに?

根源は、愛の海にたどり着くように。
潜っていくように、描きました。

ミニ額サイズ 約8cm*8cm*1.5cm
原画サイズ 約5.5cm*5.5cm

雲肌麻紙、水干、金泥、岩絵具
人口漆に螺鈿、金箔

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です